会則

KHJ東京中央 萌の会 会則
1.この会はKHJ東京中央 萌の会(KHJ東京中央ひきこもり家族会 萌の会)と称し、KHJ全国ひきこもり家族会連合会の東京中央支部である。
2.当会は、次の事を目的とする。
(1)ひきこもりで苦しんでいる子どもを抱える親の自助グループとして解決策を模索する。
(2)ひきこもりに関する情報収集及び情報交換を行う。
(3)より良い対応方法を求めて、専門家や他の自助グループと連携を密にする。
3.当会は、次の行事を行う。
(1)月例会: 支援者、関係者等からの情報収集と会員相互の情報交換の場として毎月1回開催し、精神科医、カウンセラー等専門家を招請する等の勉強会を行う。
(2)その他:会員相互の親睦を図るため、必要な行事を適宜開催する。
(お花見、旅行 等)
4.当会の連絡場所は会長の自宅とする。
住所:東京都足立区保木間2-8-13
連絡用FAX:03-3883-2358
5.当会の会員は、1家族1会員とする。
6.当会の会費は、次のとおりとする。但し、当事者の会費は免除する。
(1)年度会費:毎年度 1年分1回払い ¥2,000
但し、1月以降に入会した場合、当該事業年度分は免除する。
(2)月例会費: 参加の都度 1家族 ¥1,000
6-2 年度会費が1年間未納となった場合は、退会したものとみなす。
7.会員は、いつでも届け出により退会することができる。但し、退会にあたり納入済みの年度会費は返金しない。
8.会員の義務として次の事を守る。
(1)会員は、当会を政治的活動、物品販売、勧誘、宗教的活動に利用してはならない。
(2)会員は、相互に安心して悩みや苦しみを打ち明け合い、また他の人の意見や考えを尊重する。
(3)会員は、会員相互間のプライバシーを尊重し、他の場所においてこれを開示してはならない。
9.当会には、次の役員を置くことができる。
(1)役員は、会長、副会長、総務、会計、書記、会計監査とし、必要に応じ顧問を置く。
(2)役員は、原則として月例会において推薦し会長が任命する。
(3)役員の任期は、原則として1年とする。但し、再任を妨げないものとする。
10.役員会の開催は、次のとおりとする。
(1)定例の役員会は、原則として月例会開催日とする。
(2)会長又は副会長は、必要に応じて臨時に役員会を開催することができる。
11.事業年度は、毎月4月1日から翌年3月31日までの1年間とする。
12.会計監査は、毎年6月の月例会にて監査報告を行う。

付則

この会則は、2006年4月1日から施工する。

沿革
2015年4月1日 一部改正 (1項、4項、6項)
2020年4月1日   〃  (1項、3項、6項)

[`evernote` not found]
LINEで送る